So-net無料ブログ作成

鞍馬寺 [雑記]

天狗さんは居ませんでしたが、結構日頃から天狗になっているオヤジ一匹
始末に負えません(笑)

龍さんもあきれて口からヨーダがダーダーダーーーーダ☆
あかん・・あかん・・・良い事ありますように[るんるん]

DSC1.jpg



鞍馬寺

DSC2.jpg


この日も私の日頃の行い通りに・・・お天気も良く 昨日の記事の様に氷が美味しい暑さでした^^

DSC3.jpg


DSC4.jpg


DSC5.jpg


鞍馬寺本殿迄山門から歩いても25分位?

DSC51.jpg


DSC52.jpg



でもせっかくケーブルカーが有るので、乗ってみましょうね[わーい(嬉しい顔)]

DSC6.jpg


距離は短く料金も100円なんですけど、チョット待つのはご愛敬です

このケーブルカーは距離は短いけれど、傾斜はMAX!!
結構な斜度でござんす

DSC7.jpg


DSC8.jpg


上から見ただけでは分からないので、横から見てみましょうか?

DSC9.jpg


ねっ。。。結構な斜度でしょう★


多宝塔駅迄2分間の乗車で、そこから鞍馬寺までは歩いて約10分弱ですね

木漏れ日はなんだか涼やかで良いものです

DSC10.jpg


DSC11.jpg


龍さんもこうやってみると凛々しいのね~(笑)

DSC12.jpg


ひとしきり階段を上ると、鞍馬寺本殿に到着します

本殿金堂

DSC13.jpg


DSC14.jpg


本殿前の阿吽の虎は撮れませんでした~(泣)




鞍馬寺- Wikipedia

鞍馬寺(くらまでら)は、京都府京都市左京区鞍馬本町にある寺。1949年まで天台宗に属したが以降独立して鞍馬弘教総本山となっている。山号は鞍馬山。開基(創立者)は鑑真の高弟鑑禎(がんてい)とされている。本尊は寺では「尊天」と称している。「尊天」とは毘沙門天王、千手観世音菩薩、護法魔王尊の三身一体の本尊であるという。

京都盆地の北に位置し、豊かな自然環境を残す鞍馬山の南斜面に位置する。鞍馬は牛若丸(源義経)が修行をした地として著名であり、能の『鞍馬天狗』でも知られる。新西国十九番札所である。

なお、鞍馬寺への輸送機関としてケーブルカー(鞍馬山鋼索鉄道)を運営しており、宗教法人としては唯一の鉄道事業者ともなっている。



パワースポットの地でもある鞍馬寺
本殿金堂前の六芒星の中心に立つことで、自然のエネルギー”気”を受け取る事が出来ると言われていますが・・・
休日などは結構並ぶみたい。。。
私が行った時には数人並んでいただけなので、ついでにやっとこ★ってな訳でこんな感じ^^;

真面目に気を貰っている人。。。

DSC15.jpg


相変わらず能天気な奴・・・

DSC16.jpg


今回のパートナー。。。誰でしょうか(笑)・・・☆・・・^^;

DSC17.jpg


ただ、この行動は近年になってやられているようで、地元の方は当然やらないみたいです
この地全体がパワースポットの地だと思うので、わざわざこの六芒星に立ってやる迄もないのでしょうね


わたしの場合には、あまりにも大きな気が入りこんだのか?
すっごく調子がわるくなってしまい、この後しばし不調と相成りました・・・
なんで???  日頃の行いが悪いからか~???


ほんで鞍馬天狗さんの前で寝ています^^;

DSC18.jpg


暑さにやられた?  ☆ネタではありません[exclamation&question]
奥の院魔王殿に行けませんでした。。。
どうも最近闇過ぎてる・・・
こんどもう一度リベンジします 奥の院魔王殿



DSC19.jpg


DSC20.jpg


鞍馬寺からの景色は、比叡山方面を望みます

DSC21.jpg




DSC22.jpg


DSC23.jpg



秋の涼やかな時にもう一度京都観光に来よう[車(セダン)]


nice!(9)  コメント(2) 

nice! 9

コメント 2

tac-phen

京都こられていたんですね。

鞍馬寺は中に入ったことがなかったのでこんなところだと知りませんでした。

情緒あふれる素敵なところですね。

是非リベンジして下さいませ。
by tac-phen (2012-08-28 03:24) 

DEBDYLAN

こんばんは!!
その後体調は大丈夫ですか?
ご自愛して再訪してくださいね^^。

by DEBDYLAN (2012-08-28 22:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。